夫婦が離婚に至った場合に、一方が離婚に至る原因を作出した側は、相手に対して慰謝料を支払う必要があります。

裁判で主張される主な慰謝料発生原因としては、不倫、暴力等があります。

こういった原因を理由として慰謝料を裁判で請求するためには「証拠」が必要です。裁判までいかないケースであっても、相手に反論させないためにはやはり証拠の存在が重要です。

相手への請求方法や、そのために必要な証拠など、ケースバイケースであることが多いですので、不安な方は弁護士に相談しながら進めた方が無難です。