夫婦が離婚に至る場合、そのほとんどが夫婦間の話合いで離婚しています。

しかし、子どもの親権だったり、財産分与、慰謝料などの法律問題で揉めて折り合いがつかない場合には、夫婦間の話合いで離婚に至ることは困難です。

また、どちらか一方が離婚を拒絶していたり、感情的になって平穏に話合いができない場合も同様です。

このような場合は、家庭裁判所に離婚調停の申立を行う必要があります。

調停とは、あくまでも裁判所が夫婦の間に入って離婚の話し合いを進めてくれる、という手続です。

裁判所の調停委員という人が、双方の言い分を聞いて、それぞれに妥協を求めつつ、法律上適切な条件で離婚に合意するよう話合いを進めてくれます。

しかし、調停が、裁判所が間に入って手続を進めてくれるとは言え、あくまでも「話合い」の場であるがゆえ、どちらか一方が強硬に主張して譲らない場合には、もう一方が法律上理不尽とも言えるような譲歩を迫られるということも少なくありません。

また、誰しもが、調停という手続を初めて経験するため、勝手がわからず不安やストレスを抱え、さらに、人によっては、調停委員に対して気後れしてしまい言いたいことも言えずに調停が終わってしまう、ということも起こってしまいます。

弁護士に依頼すれば、調停手続のアドバイスのみならず、ご本人と一緒に調停の場に出席しますので、不要な不安を抱える必要が無くなり、また、言いたいことが言えずに調停が終わる、という事態を避けることもできます。