遺言無効事案のエキスパート
遺言無効訴訟の経験豊富な弁護士が一歩進んだ
解決策を提案します!
弁護士 北村亮典
遺言無効についての基本的知識を解説しています。各項目ごとに事例を紹介していますので、お悩みの項目を御覧ください。

遺言の無効を主張するための方法

遺言が有効となるためには 遺言が有効であるための要件として、自筆証書遺言や公正証書遺言などについては、厳格な方式が法律で決められています。この方式が守られていない遺言は無効となります(ここではこの方式については説明はしません。) この他、遺言...

詳細はこちら

遺言の無効確認訴訟を弁護士に依頼する場合の弁護士費用

遺言無効確認訴訟を弁護士に依頼して進める場合、どの程度の費用がかかるかということについて説明します(なお、費用はいずれも税別です)。 遺言無効確認訴訟を提訴する場合、まず着手金として30万円〜60万円がかかります(難易度によって具体的な金額を決定し...

詳細はこちら

自筆証書遺言の無効事例

自筆証書遺言は、法律で定められた方式さえ守れば、どこでも簡単に作成することが出来ます。 紙とペンがあれば作成することが出来るのです。 気軽かつ簡単に作成できる反面、ちょっとしたミス(法律で定められた方式を守れなかった)で無効となってしまう...

詳細はこちら

公正証書遺言の無効事例

公正証書遺言の無効を主張できる? 「親が認知症や重病で、知的能力・判断能力が著しく衰えている状態で、遺産の独り占めを企てて,他の兄弟が自分に有利な遺言を親に書かせようとした。」 「こんな遺言は有効なのか?」というご相談をお受けすることが多いで...

詳細はこちら